花の香物語

花の香酒造の歴史 神の水が、酒になった。今から遡ることこと六百年。九条関白の子息、厳中和尚のお供をして、京都から肥後玉名郡内に下った神田家の先祖は、この地に根を下ろしました。 時は経りて明治35年(1902)、神田角次・茂作親子は妙見神社所有の神田を譲り受け、ここから湧き出る磐清水と米で酒造りを始めたのです。 酒蔵周辺の木々から梅の香りが蔵の中に漂うことから「花の香」という名の清酒が生まれました。合名会社神田酒造として、地元に愛される酒造りを続けた神田酒造は、新たな酒造りへ進み続けるため、組織変更し「花の香酒造株式会社」となる。 創業当時の想いと商品名をお客様に知って、愛して頂けるよう「花の香」を冠した社名に。いまでも春になると、梅の花の香りが、蔵の中まで薫ってきます。その想いは変わらず、清冽な水と上質の米、そして杜氏や蔵人たちの心意気は今も息づいています。 創業者「角次・茂作」が酒造りを始めて百年以上の年月を数えると、酒造りも大いに様変わりしました。しかし人と人とをつなぐお酒を愉しむ心は変わりないものと思います。感動を与える新しい酒づくりにチャレンジする新生花の香が始まろうとしていました。
酒造りから百年新日本酒の誕生。花の香酒造の「新しい日本酒」は、現代のライフスタイルに合わせ、食事とお酒の相性を考えました。日本だけでなく、世界へ羽ばたく「Sake」として。神田から始まった酒造りと新たなジャンルをも開発した花の香のお酒。伝統の日本酒と、新たな花の香7シリーズ。新しい花の香酒造の幕開けです。 地元産山田錦で醸す純米大吟醸 六代目が製造責任者を兼任し新しい酒質の純米大吟醸が誕生。全量地元産のお米で最高の酒を造るという。夢に向かって修行した、若い蔵子と一緒に作り上げた純米代吟醸「花の香 桜花」。昔ながらの「撥ね木搾り」、丁寧に手作業で醸した酒は見事にその思いに応えてくれました。